東京アメッシュ利用上の注意事項
 レーダー雨量計システムは、その反射エコーを観測していますが、様々な要因により
実態とは異なる反射エコーを観測することがあります。
 可能な限り除去に努めていますが、完全に除去するのは困難なため、観測精度が低下する
ことがあります。

 また、機器の予期せぬ障害等により、予告なく観測を停止、または観測精度が低下する
ことがあります。

○降雨減衰
  雷雨や集中豪雨などの強い降雨がある場合、電波が遮蔽されたり、減衰してしまい、
 その先の降雨を観測できなかったり、実際の降雨よりも弱く観測されてしまうことがある。

○ブライトバンド
  気温の低い上空において、雪が融けて雨に変わる途中の状態を観測した場合、反射
 エコーが強くなり、ドーナツ状の表示になることがある。

○グランドクラッタ
  地上の建物や樹木等の反射エコーを観測してしまう。また、波しぶきなどのシークラッタ
 や鳥の群れなどの、降雨以外の反射エコーを観測してしまうこともある。

○電波干渉
  他のレーダーが発射する電波との干渉で、実際にはない雨を表示することがある。

○異常伝搬
  大気の状態に応じて、レーダーから発射した電波が直進せず曲がってしまい、地上の
 建物や地表面を観測してしまうことがある。


お知らせ一覧