東京アメッシュのご紹介 雨から私たちの生活を守るために・・・

生命をはぐくみ、生活に潤いを与え、飲み水にも利用される雨。
しかしその雨も、ひとたび集中豪雨が発生すると、浸水被害を引き起こす原因ともなりかねません。

このため雨の情報を正確に知ることは、ポンプ所や水再生センターなど下水道施設の運転に欠かすことができません。

東京都下水道局は、昭和63年度より、降雨情報システム「東京アメッシュ」を導入。その後、平成28年度から最新式のMPレーダー※を導入したことにより、一時間一ミリ以下の弱い雨を観測できるようになる等、さらに精度の高い降雨情報を配信し、お客さまの浸水への備えとして、より活用しやすくしていきます。


※MPレーダー:マルチパラメーターレーダーの略で、雨粒を水平と垂直の二方向から立体的に、きめ細かく観測することができるレーダーです。

東京アメッシュ及びアメッシュは東京都の登録商標です(商標登録第5240919号、商標登録第5240920号)。

お知らせ一覧